今キテる4コマ作家たち ~その1:バラシ屋トシヤ~ #3

スキマ時間に、スマホで簡単に楽しめるコンテンツの4コマ漫画。
今、その4コマ作家たちがSNSやブログ、そして4コマgramの中でも大活躍しています。
今までスポットライトを浴びることの少なかった4コマ作家たちに、本気で迫ってみるコーナーがスタートしました。
第一弾は、4コマgramやインスタで大活躍中のバラシ屋トシヤ先生。
一度見たら忘れられない人物のタッチと毒とトゲ、たまにホラーが混じった多彩な作風で多くのファンを獲得している注目の4コマ作家さんです。
お酒を飲んでほろ酔い状態の中、その生い立ちや素顔に4コマgramが迫ってみました。

実は割り算を習っていない。

B:大学受験も高校受験もやっぱ実技試験が主だったので、受験勉強人生で一回もしたことがないんです。
一般常識がないというかその不登校だった時もあるんですよ。小学校の時に。ふふふふふ(なぜか笑う)。
小2ぐらいから小3、小4の時。
まぁ転校とかもいろいろあったりとかして、別にいじめられてるとかっていうわけじゃなく、先生があんまり好きじゃなくて行きたくないっていう感じで行かなくなっちゃったんです。
かけ算までしか習ってないんですよ、学校で。割り算習ってなくて、自己流です(笑)。

未だに漢字とかも書けないですし。それが一番きついですよね。
社会に出ると、漢字書けないって一番恥ずかしいじゃないですか。

語彙が豊富ですか?
それは全部、多分漫画のおかげというか。漫画めちゃ読んでたので。
だからなんか小論文とかもすごい得意だったんですよ。
HUNTERxHUNTERに難しい日本語いっぱい出てくるので、そういうので覚えたっていう感じです。
一般的な勉強が全くできなくてちょっとどうにかしないとなとは思ってるんですけど。遅いですよね(笑)。
普通の仕事は多分できないです、これでは。
もう諦めて、今の自分の特技を突き詰めていくしかないですよね。

美術大学では立体を専攻していました。理由は絵が下手だったからです。
実技試験でそのまま入ったんですけど、一応入れたから大丈夫なのかなって思ったらやっぱりレベルが全然違うというか。
そのままなんとなく4年間しっくりこないまま無駄な時間が流れてしまいました。
やりたい仕事や夢もありませんでした。

大学卒業間近の時になってようやく将来どうするのか考え始めました。
そんな時友達がジャンプに漫画を投稿して小さい賞みたいなの獲って名前が載ったんですよ。
なぜかそれを聞いて悔しいって思ったんですよね。いいなって。
それで感化されて大学終わる前に自分も出してみようと思って、そこで初めて一本の漫画を描きました。
青年誌に投稿しました。賞は獲れなかったんですけど、担当さんがついてくれたんです。
それでもう、就職とか全部辞めて、こっちでいこうって決めちゃいました。多分ずっとやりたかったんです。

実は僕結婚してるんです。子供はいません。
大学で奥さんと出会いました。
奥さんはグラフィックデザインをやってたんで絵が上手です。
奥さんも漫画好きですし漫画家を目指すことにいっさい反対しません。むしろ応援してくれてます。
お金もないのに結婚までしてくれて支えてもらってます。頭が上がりません。
漫画の背景とか描いてもらってたんですけど、担当編集さんに言ってなかったんです。いつも早いねってビックリされました。実はめっちゃ手伝って貰ってたんですよ(笑)。

今キテる4コマ作家たち
~その1:バラシ屋トシヤ~

  1. #01禁じられた絵
  2. #02サッカー、お笑い、そして遺書。
  3. #03実は割り算を習っていない。
  4. #04そして、連絡が来なくなる。
  5. #054コマ作家・バラシ屋トシヤの誕生。
  6. #06好きな好敵手たち。
  7. #074コマとお金。
  8. #08エバンジェリスト、誕生。
4コマgramをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク